女性にとって肌はとても大切なものです。肌がきれいだと、それだけで清潔でおしゃれな印象になり、美しさもアピールすることができます。ムダ毛があると、恥ずかしいので、ムダ毛を剃ったり、抜いたりするお手入れをしている人も多いのですが、自己処理で肌が傷んでしまったり、肌荒れになりやすかったりするトラブルを抱えてしまったり、色素沈着になる場合もあり、素肌を美しくしたいのに、逆に肌がきれいに見えない場合も多いのです。特に敏感肌や乾燥肌の人はトラブルを起こしやすいので、脱毛して、自己処理をしないことで、肌本来の美しさを取り戻すことが期待できます。脱毛には、美肌効果や美白効果などのスキンケア効果が期待できるところも、脱毛がおすすめの理由です。

ムダ毛の自己処理をすると肌が荒れてしまう原因

脱毛すると美肌になるわけとは?本来、肌にはバリア機能という、外部からの刺激を受けても、自分自身を守る機能が備わっています。細胞の中に水分がたっぷりと含まれていて、角質層がしっかりと層になり、正常なターンオーバーをして生まれ変わっていると、バリア機能を発揮することができますが、乾燥肌や敏感肌、アトピーなどの肌が弱い人は、角質層が薄く、ターンオーバーが早すぎたり、遅かったりする傾向があり、細胞内部の水分を保つことができず、外からの刺激に過剰に反応してしまうことで、肌荒れや赤味、かゆみなどの症状が出やすいのです。
肌が弱い人が、ムダ毛を自己処理するためにカミソリやシェーバーを使うと、肌の表面の角質層を薄く削り取ってしまったり、剥がしてめくれている状態にしてしまうことがあり、内部の水分が蒸発する悪循環を繰り返すことになり、肌荒れが治まらないという結果になるのです。肌が、特別弱くない人でも、頻繁にカミソリやシェーバーでのお手入れを繰り返したり、力を入れて自己処理をすることで、バリア機能が衰え、肌が荒れる原因になります。

自己処理による肌荒れを繰り返していると色素沈着ができる

肌のバリア機能を衰えさせる自己処理を繰り返すと、肌の敏感さが増して、赤みやかゆみが出やすくなったり、ぴりぴりとした痛みや血が出るなど、肌が荒れてしまうことがあります。また、毛抜きや家庭用の脱毛器で抜く自己処理は、肌や毛穴に負担がかかり、刺激になって肌荒れを起こしたり、毛穴に細菌が入って腫れたり、化膿したりすることがあります。
肌荒れを繰り返している肌は、刺激にとても弱くなっていて、自分の力では回復が難しいほど弱ってしまうことがあります。弱った肌は、何とか自分を守ろうとして、自分が弱っていることを体に伝える信号を出し、日焼けをしたときと同じように、メラニン色素が放出され、肌を守ろうとします。このため、肌荒れを繰り返していると、シミや黒ずみができて、色が段々濃くなっていく場合があるのです。他の肌の部分に比べて、良く自己処理をする場所が何となくくすんでいると感じたら、肌に負担がかかり、自分を守ろうとしてメラニン色素が出ている状態なので、歳を重ねるごとに色が濃くなっていく可能性があります。

自己処理をやめて脱毛することで美肌になることが期待できる

ムダ毛の自己処理は、肌に負担を与えて、肌のバリア機能を低下させ、少しの刺激でも肌荒れを繰り返すようになります。カミソリやシェーバーで剃ったり、毛抜きや家庭用脱毛器で無理に抜いたりすることを続けていると、肌を守るために、メラニン色素が放出され、肌にシミや黒ずみなどの色素沈着ができてしまいます。肌のためには、自己処理をやめることが大切なので、全身脱毛してムダ毛が目立たない肌になることがおすすめです。
全身脱毛をするとムダ毛が目立たなくなるので、自己処理が楽になり、自己処理の頻度が減っていきます。全身脱毛を続けると、ムダ毛がほとんど気にならなくなっていくので、自己処理がほとんどいらなくなり、肌のバリア機能も回復していきます。脱毛することで、肌は、自分で潤いを保つスキンケアのような機能を発揮できるようになるため、肌本来のみずみずしさを回復し、白く粉をふいたようになったり、赤みやかゆみから解放されて、外部からの刺激にも強い、健康的な肌になることができるのです。

全身脱毛にはスキンケアの機能も期待でき美肌に

全身脱毛は、黒い色に反応して熱に変わる性質がある特別な周波数の光を使います。肌に光をあてると、毛根にあるメラニン色素と反応して、毛根部分で熱を発生します。毛根部分で発生した熱は、毛根にダメージを与えるため、ムダ毛が生えにくくなったり、ムダ毛を作る働きを衰えさせて、細い産毛のように柔らかく、目立ちにくい毛質に変化させたりするというしくみの脱毛です。
脱毛に使う光は、黒いメラニン色素がある毛根以外の肌には悪影響がない安全性の高い光なので、敏感肌や乾燥肌、アトピーなど肌が弱い人でも、安心して脱毛することができます。脱毛に使う光は、エステサロンのフォトフェイシャルと同じ種類の光なので、コラーゲンの生成を促し、ハリや弾力を高め、キメを整えるスキンケア効果を期待することができます。また、メラニン色素を分解して、体外に排出させる美白効果も期待できるため、できてしまったシミや黒ずみなど、色素沈着の悩みが気にならなくなるという人もいます。全身脱毛をすると、脱毛効果に加えて、スキンケア効果も期待できるのです。

自分に合った全身脱毛を選ぶことがポイント

全身脱毛をして、長年悩んできたムダ毛と肌荒れの悩みから解放されて、つるつるの素肌を手に入れたい、という人がはじめに行うことが脱毛サロン選びです。脱毛が大変流行しているので、脱毛サロンがたくさんできていて、どのサロンに行ったら良いのか分からないことがあります。はじめに無料のカウンセリングを受けることができるサロンが多いので、いくつかの脱毛サロンの無料カウンセリングを受けて、料金やコース、施術について確認し、比較してから選ぶことがおすすめです。
脱毛サロンでは、施術の後に、保湿のための保湿ローションやジェル、クリームなどをたっぷり塗ってくれることが多いのですが、それぞれのサロンごとに特徴が異なるので、確認したり、お試ししてから選ぶことがおすすめです。脱毛サロンには、毎月通うことになるので、気持ち良く、スキンケアを受けることができることも大切です。特に全身脱毛は、全身の保湿ケアをしてもらうので、スキンケアの種類やスタッフとの相性、お店の雰囲気なども確かめて、居心地の良いサロン選びをしましょう。

肌荒れや色素沈着が気にならない美肌になるための方法

脱毛で美しい素肌を取り戻そうムダ毛は女性にとって、お手入れをしなければならない物で、毛が生えてくる以上、カミソリやシェーバー、毛抜きなどを使って、ムダ毛が見えないようにし続けることが普通です。しかし、肌の表面や毛穴に刺激を与えたり、傷付けたりするようなお手入れを続けていると、知らないうちに肌荒れがひどくなったり、色素沈着ができてしまったりすることがあるので、できるだけ早く、自己処理をやめることが、美肌になるための良い方法です。
肌がきれいになりたいという人は、ムダ毛の自己処理をやめて、全身脱毛をすることが美肌への近道です。光を使った光脱毛をすることで、全身のムダ毛が徐々に目立ちにくくなり、お手入れによる肌荒れを減らして、肌本来の機能を回復していくことができます。また、脱毛に使う光の、スキンケア効果で、キメが整って、毛穴が目立たない透明感のある美肌になることが期待できるので、長年のお手入れでできてしまった色素沈着や毛穴の目立ち、肌のざらつきを改善できる可能性があるので、美肌になりたい人には、全身脱毛がおすすめです。